サラリーマンの為のお小遣いブログ

日中仕事しているサラリーマンでも低リスクかつ簡単に出来る投資法を実践

2015 01/02

年内2度の金融緩和で2万2000円へ!?

去年は日銀バズーカ2もあり日経平均が13年末に比べて7%(1159円)高い1万7450円

年間ベースでは3年連続の上昇で、03~06年以来の続伸を記録とし
円安も急激に進み、1ドル=120円台へ下落と
日常生活ではあまり感じませんが、投資家にとっては激動の1年だったような
気がしてます。

そんな中、今年はさらなる金融緩和があるとの見方もあるようです。

 マネックス証券のチーフ・ストラテジスト広木隆氏は、「15年は日経平均株価が2万円を突破し、年末には2万2000円をめざす力強い相場になるだろう」と見通す。その背景にあるのは、日銀による金融緩和が4月、10月の2回実施されることという。「16年の参院選前には“デフレ脱却”を宣言したいであろう政府の意向から逆算すると、あらゆる手だてが実行される1年になる」と語っている

去年この人の講演を聞いた事がありますが、結構性格はいい加減(失礼)
な感じはしましたが、経済の事は説得力はありました。

この考えの背景になっているのは、参院選の前には“デフレ脱却宣言”を宣言したい政府の意向が見られる。そのおもな利由として、参院選で安部首相は是が非でも3分の2の議席をとりたいと考えているのではないかとの背景がある。そのためには、インフレ率を高め、「アベノミクスを成功」させ、デフレ脱却宣言という旗を立てることが必要になるため、なりふり構わずあらゆる政策が打ち出される1年になると考えるためだ。具体的にインフレに対して即効性のある政策は、日銀による金融緩和の拡大であり、4月に1回、10月にもう1回の金融緩和を発表することになるとみている。参院選から逆算して考えると、そのようにならざるを得ない


この人に限らず、強気な意見が目立ちますので、上昇する
可能性が強そうですが、サブプライムローンやバブルの時も
強気の意見が多いなか大暴落が発生しました。

なので警戒が必要ですが、震災の暴落とかは読みようがないですしね。

難しい所ですが、基本的には上昇傾向が続きそうです。
投資は自己責任でね!

まずは4月に金融緩和があるか注目します。




▼姉妹サイトオープン!相互リンクも募集中。
不労所得を目指す。ネットで簡単!副収入


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ



関連記事

この記事と関連する記事

年内2度の金融緩和で2万2000円へ!?

(0)TB(0)

AFTER「「投資の神様」50周年でめでたいですが…

BEFORE「新年明けましておめでとうございます。

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top