サラリーマンの為のお小遣いブログ

色々な投資で経済的自由目指しちゃいます。

2015 05/05

糸井重里氏、IPOを目指す。

コピーライターとして有名な糸井重里さんが数年以内にIPOを目指すそうです。

インターネットサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営する東京糸井重里事務所(東京)が、数年内の株式上場を目指していることが分かった。代表取締役の糸井重里氏は取材に応じ、「いろいろなことが試せる『柔らかいIPO(新規株式公開)』をしたい」と独特の表現で上場への意欲を語った。

 同社は1979年に糸井氏の個人事務所として発足し、98年に「大上段に構えずコミュニケーションできるメディアが作りたい」と「ほぼ日」を創刊したことが転換点となった。物販でも「ほぼ日手帳」や料理レシピ本などヒット作に恵まれ、今や年間売上高が30億円を超えるネット企業だ。

 糸井氏が上場を考えるのは、「会社を残す」ためだ。糸井氏は現在66歳。ある時点から「会社はもう自分のものじゃない。このメンバー(社員)やこのお客さんがいないと、この会社じゃない」と考えるようになった。上場で得た資金の使い道については「人が欲しい」と即答した。

 上場すれば株価の上昇や高い配当を迫られるが、糸井氏は「そうじゃない株主もいるはず。会社が『健康』に成長することに目を配ってくれる株主にも会えるはずだ」と期待する。これまでの常識にとらわれず、株主となる賛同者と「(成長する)方法を一緒に考える」ことが、「ほぼ日」の目指す「柔らかいIPO」のようだ。 


柔らかいIPOとは一体何なのか。
乱高下したら結構ネタになりそうな感じもします。



▼姉妹サイトオープン!相互リンクも募集中。
不労所得を目指す。ネットで簡単!副収入


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ



関連記事

この記事と関連する記事

糸井重里氏、IPOを目指す。

(0)TB(0)

AFTER「ふるさとファンドとは…

BEFORE「ふるさと納税しました。

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top