サラリーマンの為のお小遣いブログ

色々な投資で経済的自由目指しちゃいます。

2015 09/08

なりふり構わない中国政府の株価対策と暴落する日経

中国が何やらまた株価対策を行ったようです。

財政部や国家税務総局など政府部門は7日、「株式配当に関する個人所得税政策の差別化に関する通知」を発表した。
ここでは、株式を1年以上保有する投資家に対し、配当金に課されていた個人所得税が免除されると明記された。
きょう8日から適用するという。
ただ、1カ月以内の保有者に対し、従来通りの課税。
1カ月以上1年以内の場合は50%の減税となる。

とりあえず株を売るな長期でもっとけってことでしょう。

そしてもうひとつ

導入が検討されているのは、株価の急な変動を抑制するため、変動の幅が一定の水準を超えると売買を自動的に中断する「サーキットブレーカー」と呼ばれる制度で、上海や深センの証券取引所などが7日夜、発表しました。
具体的には、上海と深※センの2つの株式市場に上場する主要な300銘柄で作る株価指数「CSI300指数」が5%変動した場合には、すべての銘柄の取り引きを30分間停止し、7%変動した場合にはその日の取り引きを停止するという案を公表して意見を募集するとしています。

頼むから株売るな長期で持っとけってことでしょう。

中国市場といえば個人投資家が8割をしめ、その殆どがデイトレーダー
という何とも奇妙な所です。

暴走した機関車(投資家も政府も)はどこで止まるのか…
勘弁してほしいバイ。

そして上海市場が休みだろうが、米国市場が休みだろうが
関係なく暴落する我らが日経平均(゜ロ゜)

一般的に120で買われ過ぎ、100で平均、70で売られ過ぎと言われている
騰落レシオを見てみると…


45無題

8月25日で70割れをし反発、そして今日また70を割ってしまいました。
とりあえず、日経先物の動きを見ていると、明日は反発する可能性は高そう。

しかし後から見ると8月17日に120超えてそこから下がっているなぁ
とみてとれますね。
結局の所、中国市場なんて結構前から暴落しぱなっしだったわけですし、
単に日本株の加熱感で急落している見方もできそうで、
やっぱり調整色が強いと個人的には思ってます。






▼姉妹サイトオープン!相互リンクも募集中。
不労所得を目指す。ネットで簡単!副収入


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ


関連記事

この記事と関連する記事

なりふり構わない中国政府の株価対策と暴落する日経

(0)TB(0)

AFTER「IPO,ブランジスタの抽選結果!

BEFORE「投資家オフ会に行ってみたいが…

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top