サラリーマンの為のお小遣いブログ

日中仕事しているサラリーマンでも低リスクかつ簡単に出来る投資法を実践

2015 12/07

IPOチャレンジポイントが無駄になるかもしれない。

e8cbc3642bc0475711b40aaf034f120b_400.jpg

またチャレンジポイントネタで恐縮ですが、

SBI証券の抽選システムは以下になっています。

70%を抽選で配分。抽選方法は申し込み数に比例してコンピュータによる抽選
残り30%をIPOチャレンジポイントで使用数が多い順に配分


なので30%の部分にIPOチャレンジポイントが使用されるわけですが、
近頃のSBI証券のIPO抽選配分は読めない部分がありましたし、
ブログ村を見た感じでは、IPOチャレンジポイントを使用してボーダーラインに
達しなかった人はもれなく落選してたので、最近は一般抽選とチャレンジポイントを使っての
配分は分離していると勝手に思っていました。

が、ダブルスタンダートを160Pくらいで100株当選している方を見かけました…。
ダブルスタンダードのボーダーラインは200P前後で300株配分だったので
160Pの100株配分は普通の一般抽選での当選でしょう。

なので160Pが無駄になってますよね…。

SBI証券でBBする時は、
資金枠狙いかIPOチャレンジポイント使っての配分狙いか
を決めたほうが良さそうです。



○一般抽選での配分狙い・出来るだけ多くの資金を入れてBB。

○チャレンジポイントを使っての配分狙い・複数配分されるかもしれないので300~500株程度でBB。

○チャレンジポイントだけ欲しい場合・100株でBB。

まあ取り合えずむやみやたらにポイント投入はやめたほうが良さそうです。
微妙な銘柄でもボーダーラインはそれなりにあるでしょうし。
ただ実験的にポイント投入してデータを取るのもありだと思います。


※憶測的な所もあるので自己責任でお願いiします。

関連記事

この記事と関連する記事

IPOチャレンジポイントが無駄になるかもしれない。

(0)TB(0)

AFTER「「IPO」抽選結果 (オープンドア) ついに当選が…!

BEFORE「「IPO」抽選結果 (ミズホメディー)今度こそ!

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top