サラリーマンの為のお小遣いブログ

色々な投資で経済的自由目指しちゃいます。

2015 12/19

自分の口座、抽選のみでIPOをやった結果(これが現実編その2)

「IPO」2015年度総利益額a1362331e2682d67f596ff13a7286e0d_s.jpg

2015年度の当選銘柄が確定しました。


①ケネディクス商業リート投資法人 (1口)
②ヘルスケア&メディカル投資法人 (1口)
③エスエルディー (100株) 
④Aiming (100株)
⑤スマートバリュー (100株)
⑥サムティ・レジデンシャル投資法人 (1口)
⑦ゆうちょ銀行 (700株)
⑧日本郵政 (1100株)
⑨オープンドア (100株)


9銘柄当選する事が出来ました。
今年の上場数95社を考えると9~10銘柄BBして1回くらいの
当選している感じです。
微妙銘柄はスルーしたりしているのでもう少し確率が上がるかもしれませんが。

BBの力加減ですが、主幹事はもれなくBB、SBI証券もポイント稼ぎでBB、
その他枚数が比較的多い幹事もBB、割り当てが数枚しかない幹事は
よっぽど資金に余裕ある時でないと基本スルー。

このような感じで1年間頑張りました。

総利益は、+1,173,100円になりました。
今年は郵政というボーナスステージがありましたので
それに助けられました。

ゆうちょ銀行と、日本郵政は除きますが、
主幹事でない当選はSMBC日興証券で当選した
Aimingのみ・・・
(詳しい損益は右バナーにあるこの記事を参照) 
「IPO」2015年度総利益額


去年から感じている事ですが、やっぱ主幹事でしか
当選出来ませんね・・・。

そもそも主幹事でも滅多に当選しないのに
平幹事での当選は相当の難易度だと思います。

この結果から分かるように資金に余裕のない方は
主幹事とSBI証券くらいのBBで十分だと思います。
枚数の少ない平幹事でもひたすらBBすればいつかは
当選する事もあると思いますが、効率面からいって
その資金を他の運用に回したほうが得策だと思います。

関連記事

この記事と関連する記事

自分の口座、抽選のみでIPOをやった結果(これが現実編その2)

(0)TB(0)

AFTER「16年度のIPO利益目標額

BEFORE「16年度もIPO数は100社前後らしい

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top