サラリーマンの為のお小遣いブログ

日中仕事しているサラリーマンでも低リスクかつ簡単に出来る投資法を実践

2016 02/14

GPIF大丈夫か?年金消失「6週間で9.4兆円」の衝撃

faq302_a01.jpg

株価暴落しているけど、株式投資してないから、関係ないわ!
損出しているやつざまぁ!っと言っちゃう君にへ悲報です。

僕たちの年金を運用しているGPIFも巨額の含み損を抱えて苦戦中です。
なので個人的に株式投資をしてなくても、国民は間接的には株式運用をしているので
決して他人事じゃないんですよね。


日経平均株価は暴落の一途で12日、1年4カ月ぶりに節目の1万5000円を下回り、日銀が2014年10月に“黒田バズーカ2”を宣言する以前の水準まで戻ってしまった。

 これでは約135兆円の年金資産をマーケットに突っ込んでいるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の含み損は膨らむ一方だ。

 経済評論家の斎藤満氏はこう言う。

「海外投資家の動きが逆回転を始めたので、平均株価は底値が見えません。1万4000円台で踏みとどまれるかどうか。彼らは為替ヘッジのために株と円をセットで売買している。これまでは日本株を買うごとに円を売っていましたが、アベノミクスに見切りをつけて株売り円買いにシフトしています。この3年間、日米の金利差以上に円が売られて異常な円安に振れていた分、膨大な円の買い戻しが広がる可能性がある。100円の大台突破も考えられる。リーマン・ショックを思い出させる疑心暗鬼が市場に広がり、信用不安による金融危機が迫っている予感すらします」

 年末の大納会で1万9033円71銭をつけた平均株価は年明けからつるべ落としで、2割も下落した。国債35%、国内株25%、外債15%、海外株25%でポートフォリオを組むGPIFの資産はボロボロだ。約7・9兆円のロスを出した昨年7~9月期のダメージじゃ済まされない。

 金融評論家の近藤駿介氏(アナザーステージCEO)はこう試算する。

「10日の終値ベース(1万5713円)で、GPIFは大納会から9・4兆円の損失を出している可能性があります。1ドル=100円まで円高が進み、日経平均が1万4000円に下げれば15・7兆円のマイナスに、1万3000円まで下落すれば17・4兆円の含み損を抱えることになりかねない」

 世界市場の時価総額が最高だった昨年5月末と比べ、東証から約130兆円が消えている。大和総研の試算では東証1部の時価総額が130兆円減ると、家計消費約5000億円を押し下げるという。

 日常生活も年金もメチャメチャだ。

                                                       日刊ゲンタイより





アベクロコンビの次の一手に期待しましょう(/ω\)

6ce1356c.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

GPIF大丈夫か?年金消失「6週間で9.4兆円」の衝撃

(0)TB(0)

AFTER「年金給付減額あり得る。総理より

BEFORE「「投資信託」保有評価損益 (16年2月13日現在)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top