サラリーマンの為のお小遣いブログ

色々な投資で経済的自由目指しちゃいます。

2016 12/17

2016年度のIPO収益。

24fc3f662caf4ff0bdd7f61947be8baa_s.jpg

12月IPOは全滅が確定してますので
2016年度のIPO収益が判明しました。

2016年度・+352,000円

ちなみに2015年度が+1,173,100円
2014年度が+1,879,300円となっており
大幅なダウンとなりました…。

しかも16年度はSBI証券のチャレンジポイントを使用してこれですから
カスみたいな成績です。

やっている事は例年変わりなく、本人口座でただひたすらネットBBしているだけですが、
これだけ差が付きました。

去年や一昨年が良かっただけじゃという事もあるかもしれませんが、
主な原因はいくつかありそうです。

①参加者が増えた
一般的に言われているのが郵政グループの時から参加者が増えたという事です。
(15年11月頃)
確かにBBしていてこの辺から明らかに当選しなくなりましたし
、裁量取引をしているIPO仲間が
営業マンに聞いた所、やはり郵政グループからかなりIPOをやる人が増えたみたいなので
まずこの影響はあるでしょうね。
一度増えた参加者は中々減らないでしょうし、
来年以降も継続される原因の一つでもあります。

②暴騰率が落ちた。
2013年はアベノミクスでかなり暴騰率があったIPOですが、年々落ちてきてます。
今年は特にチャイナショックやらイギリスショックやらがあり、相場が安定しませんでしたので
暴騰率も悪いですね。
なので当選しても、中々まとまった利益になりづらかった。
特に当選しやすいREITが全然ダメでほとんど公募割れしました。
ただ来年はIPOが活発になるかもしれませんから、来年以降は改善されるかもしれません。

③上場審査が厳しくなった。
以前、東証一部に上場したgumiが上場してすぐに下方修正などをやらかして
上場審査が厳しくなり、前よりIPOの数が減った。
まあ審査が厳しくなることは上場ゴール銘柄を減らすためと考えるといい事かもしれませんが、
数が減る分それだけ当選チャンスが減りますね。


大まかな所をいうとこんな感じですかね。
まあネットBBは基本的には運になるのであまり考えても仕方ないですし、
1つA~S級銘柄が当選出来れば、それだけで収益がかなり変わるので
ワンチャンスを期待するしかないです。
関連記事

この記事と関連する記事

2016年度のIPO収益。

(2)TB(0)

AFTER「終わっちまった。

BEFORE「あちゃー。シンシア公募割れっすか・・・。

COMMENT

  • No.290 No title

    こんばんはー
    IPO収益、2016年とそれ以前とでは、それほど違うんですね。 私も今年のコメダから参加するようになり、シンクロフードの補欠繰り上げ当選・JR九州・アイモバイルのみでした。来年からは、IPOは当たりにくいものとして取り組んでいきます^^

    投稿者:あーきまる 2016/12/17 (土) 22:20
  • No.291 Re: No title

    あーきまるさん。
    こんにちは!

    そうですね。基本は通常の個別株などをメインして
    余剰資金でスパイス的に楽しむのが精神的に負担が少なくていいじゃないかと
    思っています。

    なのであまり過度にIPOに期待するとしんどいかもです(笑)

    投稿者:万蔵 2016/12/18 (日) 11:47

MESSAGE

非公開コメント

Top