サラリーマンの為のお小遣いブログ

色々な投資で経済的自由目指しちゃいます。

2017 01/15

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016の結果が発表されたようで。

ea09781f4463b0227fb21969f6569a13_s.jpg

エセ投信ブロガーではありますが、管理人も投票した投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016の結果
が昨日発表されたようです。

まず投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Yearってなんやって事ですが、

投信ブロガー



投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?
証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントになっています。


という事でかなりおすすめ出来る投信ばかりが紹介されていて面白いです。
1~10位の結果発表です。

第10位 セゾン資産形成の達人ファンド

セゾン投信のアクティブファンドですね。
信託報酬年率1.35%で割と頑張っていると
思いますし、パフォーマンスもいいので数少ないおすすめ出来る
アクティブファンドですね。


第9位 <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド


管理人はTOPIXのインデックスファンドにはあまり興味がないんですが、
信託報酬年率0.1944%とめっちゃ安くて超長期的に日本市場に投資したい場合は
ひふみのようなアクティブファンドではなく、こちらのインデックスファンドのほうが
安定するかもしれませんね。


第8位 世界経済インデックスファンド

セゾングローバルのような、株式50%、債券50%のバランスファンドですね。
最近、新興国の割合を減らして、先進国比率を増やしてましたが、それでも
新興国が結構厚めでやや攻めているバランスファンドです。


第7位 ひふみプラス

レオス・キャピタルワークス社の日本アクティブファンドです。
管理人も保有中で投資成績も抜群です。
TOPIXに大幅にアウトパフォームしてます。
ただアクティブファンドはファンドマネージャーの交代リスクなども
あるので超長期の場合は上でも書いた通り、TOPIXのインデックスファンド
のほうがリラックスして保有できるかもしれません。


第6位 ひふみ投信


ひふみプラスとほぼ一緒の商品。ひふみ投信のほうが
独立系直販で元ですね。
ちなみにひふみ年金は20位にランクインされているので
どれもほぼ同じ商品でポイントを合算すると第2位の投資信託に勝っているようです。
それと投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Yearのイベントが10周年で特別賞があって
選ばれたのがひふみシリーズです。


第5位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

セゾン投信のお馴染みバランスファンド。
管理人は売却しましたが、世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資出来る
いいバランスファンドです。
ただ信託報酬が年率0.69%とちょっと気になる。
同じく気になっている方が多いみたいでセゾン投信に信託報酬の低減
要望が多くいっているようです。


第4位 iFree8資産バランス

去年颯爽と現れた大和証券投資信託委託のiFreeシリーズの
その中でもバランスファンドでは脅威の安さである信託年率0.2484%
国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券
新興国債券、国内REIT、海外REITの資産クラスに均等に投資をする
バランスファンドです。
まだ規模は小さいですが、ラクラク資産運用可能です!


第3位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

お馴染みバンガード社のVTですね。
海外ETFなので少し芝居は高いですが、これ一本で世界47か国、約8000銘柄
に投資、全世界の市場時価総額の98%以上をカバーするというと脅威の分散ETF。
個人投資家に大人気です。


第2位 たわらノーロード先進国株式


出ました!たわら。初めての登場で2位にランクイン。
年率0.243% の信託報酬の安さ。去年は運用も安定してましたので
お手軽で先進国に投資出来ます。
注目度が急上昇中です。


第1位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

堂々の3連覇。信託報酬年率0.216%と国内最安値の先進国インデックスファンド。
管理人も保有中です。
先進国株クラスの投資はこの1本で完結できます。
ただ去年はMSCIコクサイ指数に乖離してリターンが落ちたという事がありました。
なので17年度は、牙城が崩れて、たわらノーロード先進国株式が1位になる可能性がありますね。



とまあこんな感じでした。個人的にはiFree8資産バランスが
結構衝撃を受けて、バランスファンドは割高という概念を覆した
商品だと思います。
今後も注目したいファンドです。
関連記事

この記事と関連する記事

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016の結果が発表されたようで。

(0)TB(0)

AFTER「東洋証券口座廃止…?

BEFORE「「投資信託」保有評価損益 (17年1月14日現在)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top